大合戦お疲れ様でした!(2018-09-13)

大合戦お疲れ様でした~

人数少ないながらもまずまずの結果だったと思います(*´∀`*)

今回軍師をさせて頂きましたが、2戦ほど指示ミスで勝ちを逃してしまいました。。。

連合のみんなごめんよ・・・。

軍師としては奥義時間の短縮ルールがややこしかったです。

奥義神嵐

奥義の発動待機時間を半分にするルール。

発動時間は通常のままで、発動待機時間だけが半分になります。

奥義狂乱

発動待機時間も効果時間も半分になります。

そして、これらのルールが適用されない通常の奥義時間。

3つの奥義時間を把握して、奥義の組み立てをしなきゃいけない。

時間を覚えて組み立てるのは勿論なのですが、実践では状況によって誤差が発生するので計算通りには行きません。

私の場合はざっくり見積もって残りは感覚で微調整しています。

この感覚が、今回3つのルールが入り乱れることによって狂う(笑)

正直、奥義狂乱ルールは要らないです。廃止にして欲しいです!

この時間短縮系は通常と合わせて2つまでに抑えて欲しいですね。

今回の大合戦で1つ疑問に思ったんですが、この9月12日(12時)のルール。

狂乱と神嵐の2つがありますが、どちらが優先されていました???

狂乱でしょうか?だったら神嵐って意味あります?

それとも意味合いが違いますか?

まとめ

軍師としては、3つくらい先まで奥義を事前に連合内に告知してあげたいのです。しかも少人数で前衛&軍師の場合はできるだけ指示出しも短縮したいのです。

毎回次の奥義を指示するパターンもありますが、参戦率が安定していなくてその連合の流れが決まっていない場合、前衛の山場や後衛がそれに合わせての準備など、ある程度先まで奥義が見えていたほうがスキルのペース配分がしやすいですし。

20人連合で、戦力も参戦率も安定して勝ちパターンが決まっている連合は多少の変化は吸収できるから良いのです。戦力も参戦率も不安定な少人数の軍師は、何とかデメリットを奥義で補おうとするので、奥義関係のルール変更の影響は大きいです。

ちょっと今回の大合戦はルールが多くて疲れました(´・ω・`)