初めての攻援遊撃戦!

今日から攻援遊撃戦が始まりました。

開口一番の感想は、忙し過ぎる!!(;´∀`)

攻援遊撃戦

【攻援遊撃戦の概要】

合戦中に前衛と後衛を切り替えることが出来ます。

(次の切り替えには1分間必要)

デッキ設定で選択中の「前衛デッキ」、「後衛デッキ」がそれぞれ適用されます。

もちろん、前衛デッキの前衛スキル、後衛デッキの後衛スキルが使用できます。

初戦

合戦はこんな感じ。

画面右下の攻戦(援戦)で切り替わります。

画面中央の赤(攻戦)青(援戦)が現在の割合人数を表しています。

結果

初戦の結果はこんな感じです。

前衛/後衛の結果が別々に集計されます(・∀・)

感想

一言で言うと忙しいです(;´∀`)

面倒だと感じる人もいるでしょうね(笑)

このルールの最大のポイントは参戦人数かなと思います。

あとは、軍師は細かい指示が前よりできなくなるので、自から状況を判断して「前/後」移動出来る経験者が多いかも重要ですね。

合戦中に気になったのが桜花のタイミングですね。

自分が後衛行ってる時に桜花タイム終わってしまったら、桜花もらえない(・_・;)と思ったんですが、自分で使った桜花も自分で受けられるみたいです(;´∀`)

応援も一緒ですね、自分で応援入れた上げ応援も自分も対象になってる感じでした。

初日で戦い方に慣れたら、明日からは奥義の戦略をどうするか!

人数の増減が出来るので、一気に攻め!一気に下げ!など、今まで以上にアップダウンが激しくなりそうです(´・ω・`)

最後に、ほぼ固定的な前衛/後衛メンバーを決めた方が良い感じがありますね。

攻めの奥義の時に、9割の人が前衛になって攻めだ~ってやっていたんですが、結局下げられて後半からダメージが出なかったという(笑)

攻めの時も、応援での上げ支えは必要ですね(^o^)

その連合、そこの軍師の腕の見せどころ♪